今の実力や努力ポイントがひと目で分かる驚きの秘密とは!?

独自の実力診断テストにより
ゴールまでの道のりが明確に分かります。

何をどうすればゴールに着くのか分からないまま
英語を学び続ける自信がありますか?

英語学習のゴールと方向性が明確になっていることは、最初の1歩を踏み出すための大きな後押しです。しかし、「TOEICで何点を目指しましょう」などといわれても、普通はピンときません。なぜなら、TOEICやTOEFLなどの能力検定試験は、基本的に、今の英語力を測定するもの。「その先」をナビゲートするものではないからです。何をどう伸ばせば目指すゴールに到達するかは、TOEICやTOEFLではつかみにくいものです。そこで、パンネーションズでは、まったく新しい英語能力診断テスト「ACE」を独自に開発。これを用いて、受講者一人ひとりの成長度合いと目標をチェックしています。

限られた時間で効率的に学習成果を上げるための
仕組みがあればいいと思いませんか?

パンネーションズ独自の英語能力診断テスト「ACE」は、今の実力を判断するためのものであると同時に、ゴールを目指して前へ進むためのものです。テストでは、英語の力を「知識」と「運用スキル」に分けて評価・分析を実施。そして、それぞれ今どの段階にあるのか、設定したゴールまであとどのくらいなのか、ゴールに達するための学習ポイントは何なのかといったことを、分かりやすく提示します。これにより受講者は、モチベーションを失うことなく、限られた時間の中で効率的に学べるのです。ACEと並行してTOEICも取り入れているので、世間一般の評価が分からなくなることもありません。

事前に自分の弱点が分かるので、明確な目標を持って学べます。

本格的な講習に入る前にテストを受けるので、自分の英語のレベルだけでなく、どの部分が弱点なのかも分かり、短時間で効率的にスキルアップができたと思います。また、具体的な目標の持ち方も分かりました。今後は、相手の言っていることを予想して聞くということを、意識的に実践していきます。なお、ネイティブの講師と日本人の講師が、それぞれに役割分担をして教えてくれる方法は、受講者の理解しやすさを考えてくれていると感じました。

銀行 企画調査 女性
日常会話からビジネス英語への脱却がこんなに簡単にできるのはなぜ?
合理的に学べる独自教材でコストも抑えられる!?
無料体験説明会開催
技術者の海外対応で,
大いに成果

本田技研工業(株)様では、 P.C.G.メソッドによるロジカルな英語が、海外の生産拠点に対応する技術者の方々の、 大きな武器となっています。
誰なぜ、日本人は英語が苦手なのか。その理由を安田 正が語る。
英語で企業風土の変革を喚起
石油精製の東亜石油(株)様は、論理的思考訓練の一環としてP.C.G.メソッドを採用。 英語力のみならず新たな企業風土の醸成を図っています。
誰なぜ、日本人は英語が苦手なのか。その理由を安田 正が語る。
広い視野を持つ
リーダーを育成

計器・制御機器メーカーの横河電機(株)は、異文化に対応できるリーダー育成を目指し、プログラムを導入。目に見える成果を上げています。
誰なぜ、日本人は英語が苦手なのか。その理由を安田 正が語る。